読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

h2loadを用いてSPDYの負荷テストをする

h2loadはtatsuhiro_t氏によって公開されている、HTTP2・SPDY用のベンチマークツールである。


非常に有用なツールなので、実際に試してみた。
試した環境はUbuntu 13.10である。

必要な物をインストールする

ビルドに必要なパッケージをインストールする。

sudo apt-get install -y autoconf  automake autotools-dev libtool pkg-config zlib1g-dev libcunit1-dev libssl-dev libxml2-dev libevent-dev git

spdylayをビルドする

同氏によって開発されたspdy実装が必要であるので、合わせてビルドする。

git clone git clone https://github.com/tatsuhiro-t/spdylay.git
cd ./spdylay

autoreconf -i
automake
autoconf
./configure
make

sudo make install

nghttp2をビルドする

h2loadはnghttp2に同梱されているのでビルドする

git clone https://github.com/tatsuhiro-t/nghttp2.git
cd ./nghttp2

autoreconf -i
automake
autoconf
./configure
make

h2loadを試す

nghttp2/srcにh2loadが作成されている。
実際に以下の様なコマンドで、リクエストを生成できる。

  • -n 総リクエスト数
  • -c クライアント数
  • -m クライアント当たりの、最大ストリーム並列数
yuki@nghttp2:~/nghttp2$ ./src/h2load -n 10000 -c 10 -m 10 https://192.168.0.55
starting benchmark...
spawning thread #0: 10 concurrent clients, 10000 total requests
progress: 10% done
progress: 20% done
progress: 30% done
progress: 40% done
progress: 50% done
progress: 60% done
progress: 70% done
progress: 80% done
progress: 90% done
progress: 100% done

finished in 4 sec, 778 millisec and 701 microsec, 2092 req/s, 1829 kbytes/s
requests: 10000 total, 10000 started, 10000 done, 10000 succeeded, 0 failed, 0 errored
status codes: 10000 2xx, 0 3xx, 0 4xx, 0 5xx
traffic: 9110500 bytes total, 2830060 bytes headers, 6120000 bytes data