読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wicgのFace detection API

wicgで議論になっている「Face detection API」の仕様が「Shape Detection in Images」としてwicgのリポジトリで公開されている。


https://wicg.github.io/shape-detection-api/

Shape Detection in Images

HTMLImageElement、HTMLCanvasElement、ImageDataといった画像のデータを与えることで、顔領域の矩形が得られるようである。


現状は、顔を検出する「Face Detection API」と、バーコードを検出する「Barcode Detection API」が定義されている。


具体的にはexampleを見るとわかりやすい

let faceDetector = new FaceDetector({fastMode: true, maxDetectedFaces: 1});
// Assuming |theImage| is e.g. a <img> content, or a Blob.

faceDetector.detect(theImage)
.then(detectedFaces => {
  for (const face of detectedFaces) {
    console.log(' Face @ (${face.boundingBox.x}, ${face.boundingBox.y}),' +
        ' size ${face.boundingBox.width}x${face.boundingBox.height}');
  }
}).catch(() => {
  console.error("Face Detection failed, boo.");
})