読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CSPの仕様に report-sample が追加された

まだ、WIPではあるもののCSPの仕様に "report-sample" と言う機能が追加されました(URL)。


これは、違反したインラインのScriptやStyleの最初の40文字がレポートに追加されます。外部ファイルの場合はレポートされません。昨年から議論がされていましたが、もともとはFirefoxに以前実装されていたscript-sampleプロパティと同等の機能ですが、Styleも対象になります。


これにより、今までレポートは送られてくるもの攻撃なのかそうじゃないのか分からなかったというケースが、多少なりとも少なくなるのではないだろうか。


すでに、Chromeへの実装が進められています(URL)

report-sample

普通のCSPと同様に、HTTPヘッダもしくはmetaタグで report-sampleを指定します。

Content-Security-Policy: script-src 'nonce-abc' 'report-sample'
<meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="style-src 'nonce-abc' 'report-sample'">
sample

下記のようなタグが含まれていた場合

<script>alert(1);</script>


このようにレポートにsampleが追加されます

    {
      ...
      "sample": "alert(1);"
    }