読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルチパスQUICにおけるOne Way Latencyの考察

QUICの各仕様のdraft-02が出た一方で、マルチパスQUICに関する考察ドラフトが出ています。


マルチパスQUICはマイルストーン上は2017年の後半に拡張の仕様が出て来る予定ですが、それに先立って考察のドラフトが出ている状況です。今後関連するドラフトも出てくるでしょう。


今回提出されているドラフトは、Huaweiの人らが書かれている「One Way Latency Considerations for Multipath in QUIC」というドラフトです。

One Way Latency Considerations for Multipath in QUIC

"One Way Latency"は既にMultiPath TCPでも議論されている概念であり、そちらでもドラフト(URL)が出ています。


そもそも各通信路は、行きと帰りで同じレイテンシとは限りません。そのため複数経路を使用する場合は、RTTではなく片方向のレイテンシ(One Way Latency)を見て送信する経路を選択すべきということになります。RTTの値は輻輳制御やパケロスの検出に利用されますが、同様に複数経路の場合はOne Way Latencyを見るべきです。またレイテンシ同様、輻輳も片方向には輻輳しているが、反対側は輻輳していないというケースがあります。



たとえば、上記図の用に、クライアント・サーバ間で2経路あった場合。RTTだけみれば上の経路のほうが良いですが、クライアントからサーバに送信する場合は下の経路のほうが低レイテンシということもあるわけです。特に動画のキーフレームや重要なシグナル、ロスしたパケットの再送など急ぐものに関しては下の経路で送信したほうが良いということになります。

OWLの測定

このドラフトでは、OWLの測定としてQUICのAckフレームに含まれるタイムスタンプを利用しますが、絶対値を得る方法と、相対値を得る方法について言及しています。


絶対値は各経路の各方向のOWLを計算します。各エンド間で時刻同期している前提になります。NTPといった別のプロトコルを利用して時刻同期を行えば、タイムスタンプを利用してOWLの絶対値が得られます。


相対値は、OWLの絶対値はわかりませんが、各経路の各方向でどの経路のOWLが小さいのかわかれば経路を選択できるようになります。これは時刻同期は必要なく、Ackフレームに含まれるタイムスタンプより計算されます。