QUICの現状確認をしたい 2018/5 (Stream 0の再設計案などなど)

IETFでは引き続き、QUICの標準化が進められています。

前回から時間が空いてしまったが、メモ程度に今月も書いとく

前回分
asnokaze.hatenablog.com

現状確認したい

ちょうど先週に、コアドキュメントのdraft-12も出ています

例えば大きなところで、draft-11で「Coalescing Packets」が入り複数のQUICパケットを一つのUDPデータグラムに格納できるようになった。draft-12ではパケット番号の暗号化などの更新が含まれています。これによって、通信経路上ではパケットを観察してもほとんどの情報が見えなくなりました。

また、HTTPヘッダの圧縮の仕様であるQPACKもwg draft-00が出し直されており、大きな差分があります。

ホットトピックとして、後述するStream 0の再設計や、ECNサポートがあります。
6月4~5日に行われる、QUIC WGの中間会合で議論されることでしょう。
wg-materials/agenda.md at master · quicwg/wg-materials · GitHub

相互接続テスト状況

QUICでは、draftバージョンの実装を持ち寄って相互接続テストを定期的に行っています。
現在は、「5th Implementation Draft」としてテストしています。

f:id:ASnoKaze:20180530013031p:plain

Stream 0 Design Team

draft-12のQUICでは、Stream 0上でTLS1.3のメッセージをやり取りして、そこから通信を暗号化するための鍵を共有します。

このStream 0上でのTLS1.3のやりとりする設計は、IETF101で問題が提起されました。その時の発表資料は、「wg-materials/Stream0-EKR.pdf at master · quicwg/wg-materials · GitHub」で公開されています。

以前以下の記事でも書いたとおり、Stream 0上でCrypto handshakeを行うため、Stream 0の再送や信頼性について特殊扱いすることになっています。ストリームは転送順番やロスが回復されますが、そのためのメッセージもQUICでは暗号化されますが、Stream 0では鍵の共有を行っている途中というわけです。(僕の認識が違ったらすみません)

QUIC over DTLSの議論も行われましたが、変更が大きすぎる点やDTLS自体への変更も考える必要があるため、QUIC over DTLSの方向ではなく、Stream 0を再設計する方針となりました。
asnokaze.hatenablog.com

Stream 0 の再設計には、デザインチームが結成されました。
この「Stream 0 Design Team」は、MLにかかれている通り、ガチ勢ばかりです。

Stream0 Design Team Proposal

そのStream 0 Design Teamによる、提案が出てきました。

Documentの方の図を見ると、どのような変更がされたのかがよくわかります。

draft-12では以下のような感じです
f:id:ASnoKaze:20180530011328p:plain
stream 0でTLSレコードをそのまま送信します。TLSレコードには通常通り、ServerHello, EncryptedExtensions, Fin, NewSessionTicketsなどのTLSメッセージが含まれています。


提案方式では
f:id:ASnoKaze:20180530012004p:plain
Stream 0を撤廃し、新しく定義されたCRYPTO_HSフレーム上にTLSレコードではなく、TLSメッセージを直に設置しています。Stream 0を撤廃することで、Stream 0の特殊扱いはなくなります。
(CRYPTO_HSフレームは、CRYPTOフレームに改名されるかも)


おわり

この変更により、パケット番号空間や再送らへんもいろいろ変更が入っています。ちょっと細かいところまで理解が進んでいないので、時間をかけて差分を読んでいきたいです