読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTTP/2のデバック用情報エンドポイントの仕様

HTTP/2 Implementation Debug State

「HTTP/2 Implementation Debug State」というHTTP/2用のデバッグ情報を表示するエンドポイントの仕様が、IETFに提出されています。

https://tools.ietf.org/html/draft-benfield-http2-debug-state-01


サーバの「.well-known/h2/state」にアクセスすることでそのコネクションの状態を表示するサーバ側のエンドポイント、及びその内容を定義しています。

mod-h2 http2-status

mod-h2のversion 1.6.0より http2-status が、この仕様に準拠したので簡単に動作確認する。


ubuntu16.04(openssl 1.0.2)で、今回は svn のtrunkからビルドする

#nghttp2をインストールしておく
sudo apt-get install -y  libtool libtool-bin libpcre3-dev autoconf libssl-dev libxml2-dev libev-dev build-essential 

svn checkout http://svn.apache.org/repos/asf/httpd/httpd/branches/2.4.x httpd-2.4.x
cd ../httpd-2.4.x/
svn co http://svn.apache.org/repos/asf/apr/apr/trunk srclib/apr
./buildconf

./configure
make

証明書の設定及びSSL(TLS)とHTTP/2を有効にし、confにhttp-2statusの設定を加える

   Protocols h2c http/1.1
   <Location "/.well-known/h2/state">
        SetHandler http2-status
   </Location>

結果

/.well-known/h2/state

{
  "version": "draft-01",
  "settings": {
    "SETTINGS_MAX_CONCURRENT_STREAMS": 100,
    "SETTINGS_MAX_FRAME_SIZE": 16384,
    "SETTINGS_INITIAL_WINDOW_SIZE": 65535,
    "SETTINGS_ENABLE_PUSH": 1
  },
  "peerSettings": {
    "SETTINGS_MAX_CONCURRENT_STREAMS": 1000,
    "SETTINGS_MAX_FRAME_SIZE": 16384,
    "SETTINGS_INITIAL_WINDOW_SIZE": 6291456,
    "SETTINGS_ENABLE_PUSH": 1,
    "SETTINGS_HEADER_TABLE_SIZE": 4096,
    "SETTINGS_MAX_HEADER_LIST_SIZE": -1
  },
  "connFlowIn": 2147483647,
  "connFlowOut": 15707901,
  "sentGoAway": 0,
  "streams": {
    "41": {
    "state": "HALF_CLOSED_REMOTE",
    "created": 1473179424.329667,
    "flowIn": 65535,
    "flowOut": 6291456,
    "dataIn": 0,
    "dataOut": 0
    }
  },
  "stats": {
    "in": {
      "requests": 21,
      "resets": 0, 
      "frames": 24,
      "octets": 1250
    },
    "out": {
      "responses": 20,
      "frames": 43,
      "octets": 21712
    },
    "push": {
      "cacheDigest": "AQg",
      "promises": 0,
      "submits": 0,
      "resets": 0
    }
  }
}


幾つかの仕様上でオプショナルな物は表示されない。例えばHPACKのダイナミックテーブルの情報なども仕様上は定義されているが、セキュリティ上の理由により検討して仕様すべきとされている。