HTTPSで接続するための追加情報を格納するHTTPSSVCレコード

ESNIの鍵情報や、HTTP/2やHTTP/3で通信可能な事を示すAlt-Svc情報を通知するのに、DNSに新しくHTTPSSVCレコードを追加する仕様が提出されています。

TCP Slow Startを改善する HyStart++について

TCP Slow Startを改善する 「HyStart++: Modified Slow Start for TCP」というdraftがMicrosoftの方より提出されている。HyStart++はすでにWindowsで実装されている他、HyStartもLinuxのCubicに実装されている。 Slow StartとHyStart++ TCPはコネクション開…

提案仕様「HTTP Transport Authentication」について

HTTPレイヤにおいて、使用しているトランスポートレイヤの認証を行う「[HTTP Transport Authentication」という仕様がGoogleのDavid Schinazi氏から提案されています。

Cross-Origin-Opener-Policyについて

Cross-Origin-Opener-Policy (COOP)は現在、ChromeやFirefoxで実装が進められている機能です。 Chrome: Implement Cross-Origin-Opener-Policy firefox: Implement Cross-Origin-Opener-Policy 仕様としては、whatwgで長らく議論がされており、おそらく仕様…

新しいWebの双方向通信 "WebTransport" について

WebTransportという新しい双方向通信フレームワークの議論が始まっている。GoogleのPeter Thatcher氏らによって、W3C WICGにプロポーザルが投げられています。 discourse.wicg.ioWebTransportは、WebSocketのようなAPIをもち、QUICやHTTP/3上で多重化された…

「Address-bound Token for QUIC」が面白い

FastlyのKazuhoさんが「Address-bound Token for QUIC」という提案仕様を出している、この中で出てくる "Sharing the Congestion Controller" という仕組みが非常に面白かったので、簡単に書いてみようと思う。 address-bound token この提案では、同一エン…

DigiCertによるプライベートアドレスの逆引き名の証明書誤発行

DigiCertの発行した証明書で、プライベートアドレス(192.168.1.)の逆引き名である「1.1.168.192.in-addr.arpa」を含む証明書が発行されていることが判明し話題となった。すでに、revokeされているが、下記の通りSANsに「1.1.168.192.in-addr.arpa」が含まれ…

HTTP/3で接続してVPNとして使うMASQUEプロトコルの提案仕様

GoogleのDavid Schinazi氏が「The MASQUE Protocol」という仕様を提出している。初版のdraftであり、議論の呼び水としての立ち位置が強いがまずは読む。 MASQUE Protocol MASQUEはMultiplexed Application Substrate over QUIC Encryptionの略称です。この提…

HTTP over QUICと、その名称について (HTTP3について)

さてHTTP/3というと、なにか新しそうなHTTPのような気がしますが、まず基本的なHTTPのセマンティクスに変更はありません。GETやPOSTといったHTTPリクエストがあって、ステータスコードを持つレスポンスが返されます。ただその伝達方法がQUICトランスポートに…

JS Self-Profiling API とは

W3C Web Performance Workingの議事録に「JS Self-Profiling API」についての議論があったので簡単に眺めておく。ミーティングの「発表スライドはこちら」 JS Self-Profiling API いわゆるRUM(Real user monitoring)などと同様、実際のユーザ側でJavaScript…

ブラウザからシリアルポートにアクセスするSerial API

blink-devメーリングリストに「Intent to Implement: Serial API」として「Serial API」の実装に着手する旨の投稿がされている。この「Serial API」はW3CのWICGで議論がされており、ブラウザからシリアルポートにアクセス可能にする。3DプリンタやArdbinoな…

Chrome 71で検討されている iframeへのPermission Delegation

Webサイトがカメラや位置情報をアクセスする際にパーミッションを要求する場合がある。iframeで埋め込んだページでも同じようにパーミッション要求が行える。Chrome 71で導入が検討されている「Permission Delegation」では、iframeで埋め込まれたページでの…

DNS over HTTPSサーバを見つけるためのTXTレコードの提案仕様

DNS over HTTPS(DoH)の標準化が進められており、引き続き注目を集めている。 asnokaze.hatenablog.com一方で、DoHサーバをどのように見つけるか、見に行かせるかの議論が始まっています。 JPNIC Blog :: DNS over HTTPSとDHCP -IETF102における議論- で紹…

Loading Signed Exchangesの仕様 (WebPackaging)

WebPackagingと呼ばれる仕組みが議論されているのは、以前このブログでも紹介したとおりである。 asnokaze.hatenablog.comこの仕組みは3つの仕様からなる。 Signed HTTP exchanges (参考: HTTP/2 クロスオリジン サーバプッシュを可能にする提案仕様 - ASnoK…

Clear-Site-Dataヘッダでブラウザに記憶されているデータを消す

Webブラウザは表示したサイトに関する様々なデータを記憶しています例えば cookie cache HTTP認証の情報 localStorage service worker registrations しかしサーバ側からこれらのデータを明示的に消すのは難しい場合があります。例えば、httpOnlyのcookieは…

TLS1.0, TLS1.1 の廃止する提案仕様

TLS1.3にRFC8446が採番され、RFCとして出るのを待つばかりになっている。一方で、「Deprecating TLSv1.0 and TLSv1.1」というTLS1.0とTLS1.1の廃止についての提案仕様がIETFで出ている。 TLS1.0, TLS1.1 廃止事情 カード情報セキュリティの国際統一基準 PCI …

Chromeが6週間毎にTLSバージョン番号を変更していくかもしれない

[修正] ossificationを骨化と訳してましたが、硬直化に変更しました TLS1.3の標準化が終わり、もうRFCとして出されるのを待つばかりになっている。そんなTLSワーキンググループのメーリングリストに、ChromiumやBoringSSLの開発に携わるDavid Benjamin氏よ…

Sec-Metadataヘッダについて

20190215追記 Sec-MetadataはFetch Metadataになりました asnokaze.hatenablog.com CSRF攻撃やクロスドメインリクエストに対してサイドチャネル攻撃をすることで、情報がリークすることがあります。それを防ぐために、どのようにHTTPリクエストが行われたか…

Web5Gとはなんなのか

W3Cでは、「Web5G」を掲げ5G及び関連するネットワークの進化に向けて、それにあわせたWeb標準技術・APIを模索しているようである。個人的な印象としては、ネットワークレイヤとWebアプリケーションレイヤが連携するようなイメージでいる。ネットワークを性能…

Cross-Origin Read Blocking (CORB) とは

追記20180606 Chrome独自と書いていましたが、「Fetch Standard」に取り込まれていることを確認しました すでに、Chromeで「Cross-Origin Read Blocking (CORB) blocked cross-origin response」というエラーが出るようになっております。imgタグからクロス…

Chromeにおいて非セキュアなHTTPで送信されたCookieの有効期限を短くする議論

暗号化してないHTTPで送信されたCookieの有効期限を短くしたいという議論は、Mozillaでも以前から行われてきました。「Intent to ship: Treat cookies set over non-secure HTTP as session cookies」。もちろん、IETFでもMozillaのMartin Thomson氏らによっ…

ギガの減り方など、ユーザのデータプランを考慮して最適化するGoogleサービス

モバイル通信事業者が、ユーザのギガの残量やデータプランなどをGoogleと共有する、「Mobile Data Plan Sharing API」というものがあるらしい。モバイル通信事業者に提供されているAPIであり、おそらく一般サービス運営者は利用することは出来ない。Googleで…

QUICの現状確認をしたい 2018/2 (MTU, Migration, Packet Number Encryptionなど)

3月分も書きました asnokaze.hatenablog.com QUICの標準化状況に関して、幾つかトピックを取り上げるシリーズ化するつもりは無いが、1月に書いたので、今回は2月初旬版 qiita.com拾いきれてないトピック沢山有るので、皆さんも是非補足して頂ければ目次 Draf…

Application-Layer TLS の標準化動向

IETFでApplication-Layer TLSの議論が行われ始めているので、雑に書き留めておく Application Transport LAyer Security (Atlas) 前回、アプリケーションレイヤでTLSを喋る「HTTP over TLS」について、記事を書いた。 asnokaze.hatenablog.com その後、IETF…

HTTP/2 クロスオリジン サーバプッシュを可能にする提案仕様

ちょっと不明瞭な部分が修正できてません。すみません。20180824追記 Loading Signed Exchangesについて記事を書きました Loading Signed Exchangesの仕様 (WebPackaging) - ASnoKaze blog20180213補足 「Origin-signed HTTP Responses」は「Signed HTTP Exc…

2017年 振り返り

2017年を振り返る今年はブログ記事をたくさん書いた。 60記事、そのうち internet-draftタグの付いたものは33にもなる、W3Cは10であった。ブログに加え、登壇や執筆などを行えた。さらに、Mozaic.fmにも出させてもらえた。 mozaic.fm某省庁に呼ばれたり、IET…

TLS1.3とDC内での復号に関する熱い議論

各ブラウザや、OpenSSL・BoringSSLといった暗号ライブラリ、ミドルウェアのTLS1.3対応が進んでおり、実際に通信できるところまで来ている。標準化としても大詰めを迎えている。前回のIETFより話題に上がっている、TLS1.3に関するDC内での復号を目的とした議…

HTML要素からHTTP/2優先度を指定する Priority Hints

20180912追記 Chrome71で動作確認しました。 仕様的にも変更が入ってるので、下記記事参照 asnokaze.hatenablog.com HTTP/2ではリクエストは並列的に行われますが、クライアントは各リクエストに優先度を設定できます。サーバはこの優先度によって、レスポン…

W3CにおけるWeb Lifecycleの議論 (Page Lifecycle API)

20180523 追記Page Lifecycle API等とも呼ばれているようです。 github.com下記内容は古く一部ことなっています W3CでWebPerf Web Performanceで、「Web Lifecycle」というトピックが議論に上っていた。(Agenda URL)これは、iOSアプリやAndroidアプリのActiv…

Chrome62から、http://でのフォームに入力すると警告が出るようになる

2017/10/18更新 Chrome 62がリリースされましたが。徐々に適応されていくようです。The field trial allows us to turn on the feature over time. It will be at 100% soon.— Eric Lawrence (@ericlaw) 2017年10月18日 Chrome 52(今年1月リリース)において…