DNSサーバがDoHに対応しているか確認できるようにする提案仕様

DNSサーバがDoHに対応しているか確認できるようにする、「Discovery of Designated Resolvers」という仕様について

Webページのサブリソースを一つにまとめる Resource bundles とは

Webページのサブリソースを1つにまとめる 「Resource bundles」 という仕組みについて解説する。

プライバシーを保護する Oblivious HTTP の仕様

トラッキング対策としてクライアントのIPアドレスを隠蔽するOblivious HTTPの仕様について。

NAT Slipstreaming v2 攻撃とブラウザ側の対策

NAT Slipstreaming v2攻撃について。外側からNAT内にアクセスする攻撃で、今回はv1との違いに触れる

ZeroSSL ならIPアドレスのサーバ証明書が取得できる

ZeroSSLで無料のIPアドレス証明書を取得する。

ChromeのPartition Network Stateについて

Chrome 89で「Partition Network State」という機能の導入が検討されている。

WebTransportの方向性 (2021年1月の中間会議をうけて)

WebTransportと呼ばれる新しい双方向通信の仕組みが議論されています。WebSocketの次世代版とも呼ばれており、QUICやHTTP/3上で動作します。現在、Chrome ではQUIC上で動作する版の実装が進められていたりします (web.dev)さて、このWebTransportの標準化は…

TLS1.3 0-RTTにおけるHTTP/2 SETTINGSを改善する提案仕様

MozillaのMartin Thomson氏から「Optimizations for Using TLS Early Data in HTTP/2」という提案仕様が出ています。もともとHTTP/2(RFC7540)を標準化した時には、TLS1.3(RFC8446)はまだありませんでした。ですので、TLS1.3で導入された 0-RTTデータ (Early …

TCPとTLSを連携させるTCPLS

ルーヴァン・カトリック大学のFlorentin Rochet氏らによって「TCPLS: Closely Integrating TCP and TLS」という論文が出されています。面白そうなのでかんたんにメモしておく。詳しくは論文や文末記載の資料を御覧ください。 TCPLS この論文では、TCPとTLSを…

GoogleのPrivate prefetch proxyに関するメモ

先日、Chromiumブログに「Continuing our journey to bring instant experiences to the whole web」という記事が投稿されています。この記事は、ブラウザのプリフェッチ機能とプライバシーの問題について説明をしています。またGoogleやブラウザでの取り組…

Cookieの新しい属性、SameParty属性について

ChromeでCookieのSameParty属性の開発が進められている。そこで、CookieのSameParty属性について簡単にメモしていく

Prometheusが利用するOpenMetricsの仕様がIETFに提出された

OpenMetricsという仕様が、11月25日にIETFに提出されました。仕様の中身というよりかは、標準化の観点で興味深くおもっているのでラフに書いていこうかと思います。

POSTリクエストを冪等処理可能にするIdempotency-Keyヘッダの提案仕様

リトライされたPOSTリクエストを冪等処理するための、Idempotency-Keyヘッダの提案仕様。

ホスト名の異なるTLS session resumptionについて

TLS1.3でホスト名が異なるTLS session resumptionを支援する拡張仕様が出ているので紹介する。

NAT Slipstreaming攻撃とブラウザ側の対策

NAT Slipstreaming攻撃の紹介。ALG NAT内の攻撃対象に任意ポートでアクセスできるようになる攻撃。

Linux 5.6 から Multipath TCPが使える

来月リリース予定である、Ubuntu 20.10 は Kernel 5.8 が入っており、mptcpが使えるのか試してみようと思いました。

WiresharkがHTTP/3に対応した

Wireshark 3.3.0 がHTTP/3に対応したので試す

認証付き暗号の鍵利用上限について

認証付き暗号 "Authenticated Encryption with Associated Data (AEAD)" の利用上の制限について、「Usage Limits on AEAD Algorithms」というドキュメントが公開されている。

ブラウザからTCP, UDPソケットを操作するDirect Sockets API

ブラウザでTCP, DUPソケットを操作可能にする「Raw Sockets API」という仕様がW3CのWICGで議論されている。

HTTPSの接続情報を通知する "HTTPS DNSレコード" の提案仕様

HTTP/2, HTTP/3に対応してるといったHTTPSに必要なサーバ情報をDNSレコードで通知します。

QUIC for SSH の提案仕様が出たよ

SSH over QUICの提案仕様について説明します。

CookieのSameSite属性にFirstPartyLaxを追加する提案仕様

CookieのSameSite属性にFirstPartyLax、FirstPartyStrictを追加する提案仕様について、First-Party Setsと併せて解説する。

Compact TLS 1.3の提案仕様

Compact TLS (cTLS)は、よりコンパクトなTLSを定義しデータの通信量を削減しています。

TLS Encrypted Client Hello の暗号化(ECH)に関するメモ

TLS SNIの暗号化のために、ClientHelloの暗号化する方法が提案されている。その構成や仕組みについて簡単に説明する。

「Advisory Content-Length for HTTP」と自転車置場の話し

プロトコルの標準化の場では、自転車置き場(Bikeshed)の話がたまに出てきます。そのやり取りが面白かったので、提案仕様自体の解説にあわせて紹介します。

UUID version 6の提案仕様

先日IETFに提出された「UUID Format Update」という提案仕様の中でUUID version 6のフォーマットが言及されている。その背景と構造について簡単に解説する。

WebTransport over QUICのサンプルサーバを試してみる

"WebTransport over QUIC"の標準化及び、Chromiumでの実装が進んでいます。今回はクライントを書いて、Chromiumに同梱されているquic_transport_simple_serverと通信してみました。環境は Ubuntu 18.04です。WebTransport over QUICについては以前書いたブロ…

HTTP/3をUDPロードバランサで分散するときの問題点 (AWS NLBで試してみた)

HTTP/3はQUICというトランスポートプロトコルを利用しています。QUICはUDPを利用していますが、QUIC自体はステートフルなプロトコルです。ステートフルなQUICを、QUICを解釈しないUDPロードバランサでバランシングしようとするにはいくつかの問題点がありま…

QUIC, HTTP/3の標準化状況を確認したい (2019年11月版)

2020/06/01追記 まるっと解説記事を書き直しました asnokaze.hatenablog.com 目次 Status The Plan Versions Extensions Applications Other Things More Information 関連記事 QUICは現在IETFで標準化が進められているトランスポートプロトコルであり、HTTP…

ブラウザでIPマルチキャストを受信するMulticastReceiver API

WICGやIETFにおいて、ブラウザでIPマルチキャストのパケットを受信できるようにする「MulticastReceiver API」の議論があるようです。APIとプロトコルの概要について紹介します。