whatwg

Loading Signed Exchangesの仕様 (WebPackaging)

WebPackagingと呼ばれる仕組みが議論されているのは、以前このブログでも紹介したとおりである。 asnokaze.hatenablog.comこの仕組みは3つの仕様からなる。 Signed HTTP exchanges (参考: HTTP/2 クロスオリジン サーバプッシュを可能にする提案仕様 - ASnoK…

Fetchの仕様で application/report を送信時にCORSが必要になった

以前このブログでも書いたNetwork Error Loggingなど、Webサイトを表示する際に発生した問題のレポートを指定されたエンドポイントに送信する機能が増えてきている。 asnokaze.hatenablog.comこのレポート送信に関する仕様はReporting APIで定義されている。…

Cross-Origin-Resource-Policyヘッダとは

Cross-Origin-Resource-PolicyヘッダというのがSafari 12でサポートされるらしい。もともとは、W3C側でFrom-Originと呼ばれていた仕組みらしいが、Fetch Starndardに入れる議論がされているようだ。github.comこのCross-Origin-Resource-Policyヘッダを用い…

Cross-Origin Read Blocking (CORB) とは

追記20180606 Chrome独自と書いていましたが、「Fetch Standard」に取り込まれていることを確認しました すでに、Chromeで「Cross-Origin Read Blocking (CORB) blocked cross-origin response」というエラーが出るようになっております。imgタグからクロス…

Content Security Policy(CSP) レポートのCORSと、Fetchの仕様変更

WHATWG, Fetch詳しくないので間違いがあればご指摘下さい Content Security Policy(CSP)やHPKPやExpect-CTでは、ユーザエージェントはセキュリティの違反を検出した際に、指定したURLにレポートを送信できる。例えば、下記のようにHTTPレスポンスヘッダにrep…