TCP/QUIC相互変換のポートフォワードツールを書いた

QUICをサポートしているアプリケーションプロトコル、実装が現状多くはない。 QUICの恩恵に預かるために、TCPとQUICを相互変換するポートフォワードツール 「t2q2t」 を書いた。(実態としてはただのProxy)

curlのHTTP/3実験実装を触ってみる

curlがHTTP/3の実験実装を公開したので試す。ライブラリとしてngtcp2を使う方法と、cloudflareのquicheを使う方法があるが今回はquicheを使う。

動画上にコメントを表示する"弾幕"の仕様

W3Cの「Chinese Web Interest Group」から、Unofficial Draftとして「弹幕规范」(英語版: Bullet Chatting Proposal)というドキュメントが公開されています。 仕様上でも「use cases and requirements for Danmaku」と書かれている通り、動画上にコメントの…

複数TLSコネクションの署名処理をまとめて行うBatch Signing

複数のTLSコネクションの署名処理ををまとめて1回で行ってしまう、「Batch Signing for TLS」という提案仕様がGoogleのDavid Benjaminさんより提案されています。

HTTPSで接続するための追加情報を格納するHTTPSSVCレコード

ESNIの鍵情報や、HTTP/2やHTTP/3で通信可能な事を示すAlt-Svc情報を通知するのに、DNSに新しくHTTPSSVCレコードを追加する仕様が提出されています。

TCP Slow Startを改善する HyStart++について

20190725追記 draft-01 で計算式に変更が入っています TCP Slow Startを改善する 「HyStart++: Modified Slow Start for TCP」というdraftがMicrosoftの方より提出されている。HyStart++はすでにWindowsで実装されている他、HyStartもLinuxのCubicに実装され…

提案仕様「HTTP Transport Authentication」について

HTTPレイヤにおいて、使用しているトランスポートレイヤの認証を行う「[HTTP Transport Authentication」という仕様がGoogleのDavid Schinazi氏から提案されています。

QUICのAckとロスリカバリについて

QUICでは、UDP上で信頼性のあるデータ通信を提供するトランスポートプロトコルです。QUICのAckとロスリカバリについて自分なりにまとめる。(暗号化およびHTTP/3については、関連記事参照)

処理中のPOSTリクエストを別のサーバで引き継ぐPartial POST Replayについて

処理中のPOSTリクエストをそのまま別のサーバで引き継げるようにする「HTTP Partial POST Replay」という仕様がFacebookのAlan Frindell氏から提出されています,

Cross-Origin-Embedder-Policyヘッダについて

ChromeがCross-Origin-Embedder-Policy (COEP)の実装に着手しそうなので、ざっと仕様を眺める(議論段階であり、正式な仕様ではありません) mikewest.github.ioちょっと話が難しいので間違ってたらすみません。なお以前は、仕様名は「Cross-Origin-Resource-P…

安全なコンテンツを要求するPrefer:safeヘッダ

Webサービスによっては、子供に見せたくない有害なコンテンツを非表示にできるサービスもあります。それの多くはcookieを使い、設定を保存するケースが多く個別に設定を有効にしていく必要があります。また、広告といった設定がし辛い部分もあります。こうい…

サービスやリソースの廃止時間を示すSunset HTTP ヘッダ (RFC8594)

RFC8594 で定義された、サービスの廃止時間を示すSunsetヘッダについて。

Cookie の SameSite=Lax をデフォルトにする提案仕様

20190823 追記 suidenOTI さまよりご指摘いただきました不具合があったためChrome80でのリリースに延期になったようです。 https://www.chromestatus.com/feature/5088147346030592 https://www.chromestatus.com/feature/563352162218803220190523 追記 Fir…

Cross-Origin-Opener-Policyについて

Cross-Origin-Opener-Policy (COOP)は現在、ChromeやFirefoxで実装が進められている機能です。 Chrome: Implement Cross-Origin-Opener-Policy firefox: Implement Cross-Origin-Opener-Policy 仕様としては、whatwgで長らく議論がされており、おそらく仕様…

新しいWebの双方向通信 "WebTransport" について

WebTransportという新しい双方向通信フレームワークの議論が始まっている。GoogleのPeter Thatcher氏らによって、W3C WICGにプロポーザルが投げられています。 discourse.wicg.ioWebTransportは、WebSocketのようなAPIをもち、QUICやHTTP/3上で多重化された…

QUICの暗号化と鍵の導出について

QUIC, HTTP/3 関連記事 QUICのAckとロスリカバリについて - ASnoKaze blog HTTP/3のヘッダ圧縮仕様QPACKについて - ASnoKaze blog WiresharkでのQUICの復号(decrypt) - ASnoKaze blog QUIC,HTTP/3 の draft-17に関するメモ - ASnoKaze blog HTTP over QUICと…

HTTP/2においてTLS1.3のpost-handshake authenticationの禁止

GoogleのDavid Benjamin氏より「Using TLS 1.3 with HTTP/2」という提案仕様が出されています。この仕様自体は、単純にHTTP/2においてTLS1.3のpost-handshake authenticationを禁止するものです。HTTP/2でTLS1.2を使用している場合はrenegotiatoinが禁止され…

「Address-bound Token for QUIC」が面白い

FastlyのKazuhoさんが「Address-bound Token for QUIC」という提案仕様を出している、この中で出てくる "Sharing the Congestion Controller" という仕組みが非常に面白かったので、簡単に書いてみようと思う。 address-bound token この提案では、同一エン…

HTTP/3のヘッダ圧縮仕様QPACKについて

この記事では、HTTP/3で導入されるHTTPヘッダ圧縮の仕組みである「QPACK 」について説明します。(執筆時 draft 07)HTTP/3については下記を一読頂ければ asnokaze.hatenablog.com HTTP/2の場合 ハフマン符号 静的テーブル、動的テーブル HTTP/3とQPACKの導…

中間証明書を要求しないTLSフラグ拡張

TLSハンドシェイクでは、サーバはエンドエンティティ証明書と任意でルート証明書までたどるための中間証明書を送信します。不要であればこの中間証明書を送信しないようにする「Suppressing Intermediate Certificates in TLS」という提案がMartin Thomson氏…

WiresharkでのQUICの復号(decrypt)

2019/5/17追記 QUICの暗号化について説明を書きました asnokaze.hatenablog.com WiresharkはIETF版 QUICパケットのdecryptに対応しているので、やってみる。Wiresharkの細かい対応状況については以下の通りです。 Tools · quicwg/base-drafts Wiki · GitHub…

QUICにおいてNAT検出を行う拡張フレームの提案仕様

QUICを使用している際に、その通信がNATによってアドレス変換を行われているかを検出する「QUIC Address Extension」という提案仕様がAppleの人らによって出されています。具体的には、送信元IPアドレスがなんであるかを通信相手に確認します。そうすること…

HTTP/2をバイトストリームトランスポートとして利用する提案仕様

HTTP/2コネクション上で任意のバイトストリームをやりとりできるようにする「Using HTTP/2 as a Transport for Arbitrary Bytestreams」という仕様がAppleの人らによって提案されている。IETF103でも議論(資料)になったが、その後 draft-01 が出ているのが現…

Secondary Certificate Authentication in HTTP/2 という仕様について

目次 Secondary Certificate Authentication in HTTP/2 用途 サーバ側から証明書を要求するパターン クライアント側から証明書を要求するパターン 通信フロー サーバ側から証明書を要求する場合 クライアント側から証明書を要求する場合 Secondary Certifica…

DigiCertによるプライベートアドレスの逆引き名の証明書誤発行

DigiCertの発行した証明書で、プライベートアドレス(192.168.1.)の逆引き名である「1.1.168.192.in-addr.arpa」を含む証明書が発行されていることが判明し話題となった。すでに、revokeされているが、下記の通りSANsに「1.1.168.192.in-addr.arpa」が含まれ…

HTTP/3で接続してVPNとして使うMASQUEプロトコルの提案仕様

GoogleのDavid Schinazi氏が「The MASQUE Protocol」という仕様を提出している。初版のdraftであり、議論の呼び水としての立ち位置が強いがまずは読む。 MASQUE Protocol MASQUEはMultiplexed Application Substrate over QUIC Encryptionの略称です。この提…

リバースプロキシのエラーを示す Proxy-Statusヘッダの提案仕様

CDNやクラウドのロードバランサを使用するのは一般的です。これらのリバースプロキシは様々な理由により502 Bad Gatewayや504 Gateway Timeoutを返しますが、トラブルシュートするには情報が少ない場合があります。また、追加の情報を示す場合においても、各…

Fake SNIという提案仕様について

SNIを用いた通信のブロッキング及び、「Encrypted SNI拡張」のブロッキングについてはIETFのTLS WGでも話題となりました((TLS) SK filtering on SNI, blocking ESNI)。Encrypted SNIはSNIを暗号化する一方で、ClientHelloにencrypted_server_name拡張をつ…

Fetch Metadataリクエストヘッダについて (Sec-Fetch-*)

ブラウザがリソースをFetchするさいに、そのFetchに関するメタ情報をリクエストヘッダに付与するというのがFetch Metadataという仕様です。この情報を用いれば、画像の読み込みのFetchで銀行用のAPIが叩かれるはずがないといった、明らかな不正なリクエスト…

Signed Exchange Reporting for distributors について

Webサイトを一つに固めて署名して再配布可能にする、Web Packagingという仕組みがあります。現在、Web Packagingは以下の3つの仕様からなっています。 Signed HTTP exchanges Bundled HTTP exchanges Loading AMPなどをより標準化された仕組みで実現するため…