Forwarding-Loop Attacks攻撃を防ぐCDN-Loopヘッダの提案仕様

Forwarding-Loop Attacks攻撃を防ぐ「CDN Loop Prevention」 という仕様が提案されています。

背景

CDNへのDoS攻撃として、リクエストをCDN内でループさせる「Forwarding-Loop Attacks」という攻撃手法が知られています。

CDNユーザの設定ミスや、攻撃者がユーザとしてそのような設定をすることでHTTPリクエストをCDN内でループさせる攻撃です。詳しくは「Forwarding-Loop Attacks in Content Delivery Networks」(PDF) にかかれています。

単一のCDNや、もしくは複数のCDNをループさせる方式があります。

このForwarding-Loop Attacksを防ぐために、ループを検知するための「CDN-Loopヘッダ」を定義する提案仕様がAkamai TechnologiesとFastlyとCloudflareの方の共著で出されています。

CDN-Loopヘッダ

CDN Loop Prevention」では、ループ検知のためにCDN-Loopヘッダを新しく定義します。このCDN-Loopヘッダに経由したCDNを記録することで、CDNのループを防ぎます。

本来であれば、ループ検知はRFC7230で定義される「via」ヘッダを使用すべきですが、viaヘッダをその他の目的のために使用するサーバもいるため実際にはviaヘッダ使用できません。

CDN-Loopは下記のとおりである。コンマ区切りでCDNの識別子が中継されるたびに追記されていきます。もしくは、新しくCDN-Loopを増やしても構いません。また、セミコロンの後ろに任意のkey/value値を付けることも出来ます。(これは、Structured Headers for HTTPのParameterised Listsに順している模様)

CDN-Loop: FooCDN, barcdn; host="foo123.bar.cdn"
CDN-Loop: baz-cdn; abc="123"; def="456", anotherCDN

CDN及びその他の中間装置は、このCDN-Loopを削除してはいけません(MUST NOT)。そのため、オリジンサーバにもこのCDN-Loopが届くことになります。

多くのCDNでは設定でヘッダを改変することも出来ます。そのことに言及はあるものの、いまのところ具体的な署名方法などについては述べられていません。今後議論されることになると思います。